Ryoku  倉敷市田ノ上で「暮らしを愉しむ雑貨Ryoku」を営んでいます。日々の暮らしを愉しむためのイロイロを集めています。

〒710-0831岡山県倉敷市田ノ上896-3 1F
086-431-2227(tel/fax)
ryoku@green.megaegg.ne.jp
wed/thu/fri/sat 11-16 open
sun/mon/tue close
P3台(お店の道路向かいにあります)

<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>


2013.12.03 Tuesday  スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- . -



2013.11.27 Wednesday  森本仁さんの灰釉汲み出し 入荷しました。

3日ぶりに来た店内。
3日間一度も温められなかった店内の冷たい空気が身に染みた朝でした。

さて、王様パンツ、蕾スカート、無事に届いております。
もし万が一のメール事故で私からのメールが届いていない方、こちらのブログからで失礼しておりますが、無事に届いておりますので店頭にてお受け取りのほどよろしくお願い申し上げます。


そして森本仁さんから備前焼ではない、釉薬の器が届いております。

今回は先日の展示会にはなかった汲み出しです。






今回はとても綺麗なグレーの汲み出しです。






最近の私の中の流行り、小さい器でお茶を頂く。
ちょこちょこっと継ぎ足し継ぎ足しでお茶を飲むのが楽しくて^^
そんな私の流れで選んできました。

しかもこのグレーがとても綺麗です。
濁りの無いお茶を入れるととてもお茶と器が綺麗です。
私はアルコールが飲めないのでできませんが、透明の日本酒を入れて頂いてもとても綺麗かと想像します。

日本酒好きな旦那様やご友人へのクリスマスプレゼントにもいいかな〜と思います。
(旦那様がいらっしゃらないときはご自身のお茶の時間に^^)

寒い時期です。
暖かいお茶や熱燗、いかがでしょうか。




2013.11.20 Wednesday  冬のもの イロイロ 入荷しています。

我が子の学校ではすでにインフルエンザで学級閉鎖になったクラスも出始めました。
まだ予防接種もしていない我が家は今年はどうなることやら・・・・。
皆様もどうぞお体にはご留意くださいませ。

そんな寒さが厳しくなりつつあるので、いよいよクリスマス、年末、お正月を実感してきました。

クリスマスでの自分へのご褒美に真鍮のものがいろいろ入荷しています。

月日工藝の瀬戸さんの真鍮のブローチもその一つ。
屋号に「月」が入っている名の通り、三日月のブローチと正方形のブローチ。






裏の金具も可愛いんです。
瀬戸さんのこだわりが見られたようでうれしい気持ちになりました。






これから紺、黒、焦げ茶などの重い色の服も増えますので、そこにキラッとアクセントになりますね。






ご自分へのクリスマスプレゼントにいかがでしょうか






そして欠品していたコーヒーフィルターホルダーやカタチが絶妙に可愛いティースプーンや茶さじも再入荷しております。
なかなか自分では後回しにしてしまいがちだけど、いざという時にとても便利なこういったスパイスの効いたものをクリスマスプレゼントにして頂けると喜んでももらえると自信を持っておススメします。






茶さじは先日ご案内したガラスのキャニスターに入れて使っても可愛いですよ。
小さなところも自分のお気に入りで徐々に固めていくとおうちの仕事も少しテンションが上がっていけますよね。






そして、昨年、大好評頂いていた野瀬さんのお正月飾りも入荷しております。

今年も新しいバージョンがあったりして、どれにしようかと眺めるのも楽しいひと時です。

全部は店内に出し切れていないので、お気軽に声をかけて下さい。奥から色々出します^^







今年の新しいカタチ↓。





こちらも新しいお色(紫)が登場です。





クリスマスもお正月も6日ほどしか違わないので、店内では両方同時に楽しんで頂けます。







クリスマスのご褒美、お友達へのプレゼント、そして新しい年への準備に、どうぞお待ち申し上げております^^




2013.11.19 Tuesday  今年もcard-yaさんのカレンダーとチーズキャンドル等入荷しました。

何人かの方から「今年もcard-yaさんのカレンダー、入りますか?」と楽しみにお尋ねしてもらっていました。

今年も入荷しました!!

いや〜〜〜〜。可愛いです。
私がcard-yaさんのカレンダーを知ってから早5年は経っていて(お店をする前から)、毎度毎度期待を裏切らない可愛さで、どれだけ眺めても飽きません。

昨年のも1年が終わろうとしていますが、全然飽きずに店内の私のデスク横と自宅の冷蔵庫の2つを活躍させています。

今年は色がカラフルになり登場です。
そしてテーマはパッケージ。
紙もの好きさんはパッケージ好きさんでもあると思います。
紙もの好きさんには特にたまらない絵柄です。






そして、このクリップ!
はさむだけでなく、釘などにひっかかるように穴もあり、さらにさらに、磁石もついているという優れもの。
このまま冷蔵庫、いけます!









そして、おひさしぶりのキャンドルです。
カレンダーと同じ作り手のcard-yaさんの作品です。
天は二物を与えないとは違います。どちらも私の中のスタンダードであります。

家族の皆さんが寝静まった夜、部屋を暗くしてキャンドルの炎を眺めてゆっくり。
炎からの癒しと、みつろうキャンドルならでは甘〜いはちみつの香り。

小さな子供さんには本物のチーズに見間違われるこのイデタチ。







クリスマスの雰囲気のようはおうちのキャンドル。
可愛過ぎて悶絶です。
ゆうらぼさんのキャンドルスタンドは最後の1点です。(本当の名前はドルチェスタンドですが・・・)







冬のものが続々と入荷しています。
次回は野瀬さんのお正月飾りのご紹介です。こちらもすでに入荷完了していますので、
どうぞご覧くださいね。










2013.11.14 Thursday  ステンドグラスのクリスマスツリーの入荷のお知らせとマイニチノイチマイ展のお礼

先々週から9日間にわたって、開催していました森本さんの「マイニチノイチマイ展」が無事に終わりました。

Ryokuでの2週間に渡る企画展、しかも器展。初めてづくしでしたが、今までRyokuにお越し下さったことのない方も沢山お越し下さり、そしてもちろん、いつも来て下さる楽しい常連さんも、あっという間の9日間でした。

お越し下さった皆様、本当にありがとうございまいした。

お越し下さった方でもちろん、備前焼がもともとお好きだ、という沢山方もいらっしゃいましたが、さらに多くの方は備前焼は今まで縁がなかった、という方々でした。

今まで備前焼が日常になかった方からは、やはりイメージが一人歩きしているから、
森本さんの作る器がぐーーっと備前焼を日常使いに使いたくなる器、ということを教えてくれた、との声を沢山頂きました。

森本さんの作る繊細な感じが今までの男性的な備前焼を中性的に感じさせてくれるからか、使いたい、と思わせてくれるのだろうと、思っています。

森本さんが今回5日間、在廊して下さっていたので、皆様の備前焼の素朴な疑問や、備前焼の特徴などを説明して下さり、なるほど〜〜〜、と勉強になりました。

たとえば、非常に高い温度で焼き締めているので、実は非常に強いため、日常にバンバン使える器だということ。

聞いて下さるみなさんが、「へえ〜〜〜〜」とおっしゃって下さる声が非常に印象深いです。


そんな9日間が終わり、私もずーーっと狙いを定めていて器の1つを我が家にお迎えし、パスタをのせてみました。

料理ウンヌンは別として、盛り付けの楽しさ、備前焼にパスタ、いいなあ〜と思いました。
ご購入下さった皆様、よかったらまた感想を聞かせて下さいね


森本さんも9日間、大変お世話になりました







そして、昨日から常設展示が始まっています。

先週まで茶色と白と黒の3色で店内が構成されていたのこととはうって変わって、色鮮やかなクリスマスツリーが入荷致しました。

4月に春、色トリドリ展でお世話になった別所カズコさんのステンドグラスのクリスマスツリーです。

別所さんとお知り合いになった時からクリスマスはぜひ!!と秘かに、しかし強い意志で考えておりました。

ようやくクリスマス時期が近付いてきたので、満を持しての登場です。


大きいクリスマスツリーは皆さん、お持ちのことと思います。
壁掛けでクリスマス気分をさらに盛り上げてはいかがでしょうか。






ぜひこの可愛さを店頭でご覧くださいませ。

またゆったりとRyokuにてお待ち申し上げております。




2013.10.22 Tuesday  ゆうらぼさんの陶製フライパン&ミニグラタン皿・土鍋類・つじたようこさんの刺繍コモノ 入荷しました。


先週の土日に開催されました高梁川マルシェ。

土曜日はお天気がかろうじて持ちましたが、日曜日はあいにくの雨。

それでも沢山の方にご来場いただき、誠にありがとうございました。
関係者の皆様、お越し下さった皆様、心より御礼申し上げます。
次回の日程は未定のようですが、回を重ねるたびにパワーアップしていると感じています。
また次回をぜひお楽しみに^^


そして、マルシェが終わり、Ryokuもガラッと冬支度に入りました。

寒い冬に暖かい暮らしのための、身も心も温まるものがたくさん届きました。




今年の冬もやってきました。
ゆうらぼさんの陶製耐熱フライパン。
直火、オーブンOKの優れものです。(IHの方はごめんなさい・・・・)

先週まで行われていたスペースみきさんでのゆうらぼさんの陶展。
そこで今年の第1弾がお目見えしていました。
そしてRyokuでも満を持しての入荷です。






ゆうらぼさんと言えば、お料理の腕前もプロ並み。
お料理のアイディアも、私のような凡人には「へぇ〜〜〜〜」と唸ってしまうものばかり。

ということはお料理の得意な方が使う道具??
と思われる方もいらっしゃるでしょう。

それがそれがそうではないのです。

お料理の得意な方から、私のようにお料理は得意ではない人にも大満足な道具なのです。

じゃないと、私が自信を持っておススメできないことになります。


テフロン加工のように、くっつかない?
手入れが面倒?
などなど疑問があるかと思います。


それが、普通に使って大丈夫です。テフロン加工ほどではないかもしれませんが。
手入れも普通の食器と同じです!







普通のフライパンとは保温力、外はカラッと中がほっくり、サクサク、が違います。
余熱で火が通ります。

↑の写真はゆうらぼの千田さんにフレンチトーストを焼いてもらった時の画像です。
なんとも表面がカリカリでありながら、中はしっとり〜。


そして、目玉焼きとベーコン。
普通なら蓋をして蒸しあげますが、蓋は要りません。
淵はカリカリなのに、半熟の具合が絶妙です。
それ以外にも野菜にチーズをオーブンで、とか、なんと言ってもオーブン、グリルに入れられるのが便利極まりないです。

そうそう、千田さんから教えてもらったもう1品。
ストーブの上でこのフライパンでお餅が焼けるそうです!
焼き網で焼くより美味しいらしいです〜〜。
私のお店でのお昼ごはん、試す価値がありそうです^^

お察しの通りこのフライパンは、お皿替わりにもなるので、このまま食卓に出すことで食卓がさらに華やかになります。

今年はこのフライパンの他に耐熱ミニグラタン皿も入荷しました。

少し残ったカレーやシチューもこのグラタン皿でチーズを上に掛けてオーブンやトースターへ。
はい、1品出来上がりです。
このサイズのグラタン皿、私自身が非常に欲しかった器の1つです。







そして、先日happy frydayで実演した炊飯土鍋も再入荷しました。
食べて下さった方はご存知の通り、手間無く非常に美味しいごはんが毎日食べられます。
それに素晴らしく性能の良い電気炊飯ジャーを購入するより断然お値段が抑えられます。
玄米だって、かやくごはんだって、栗ごはん、牡蠣ごはん、お赤飯、なんでも炊けます。

ぷらす、空焚きできる土鍋も入荷しました(画像左の白いお鍋)。
油をひいてお肉を炒めて、という作業ができる稀な土鍋です。
なのでカレー、肉じゃがOKです。

真ん中の茶色の小さい鍋が雑炊鍋。
我が家では毎日のお味噌汁に。もちろん、これからの季節湯豆腐にも。

3重の塔みたいなのが、チーズフォンデュやチョコレートフォンデュ、バーニャカウダ用のセットです。
一番下にろうそくがあり、その上にお湯を入れて、一番上にソースを。
いつでも保温できてソースが固くならない優れものです。


(ちなみにIHの方には鉄鍋類を入荷待ちしております。小さい鉄のフライパンなどは只今完売しておりますが、近々入荷します。こちらも同じようにおすすめです)




キッチンの冬支度から、インテリアの冬支度。

つじたようこさんのピンクッションなど、入荷しました。
昨年も冬に登場し、クリスマスのオーナメントとしても大変人気でした。

今年も一針一針、恐ろしく細かい作業をしないと出来上がらないこれらの刺繍のモノたち。
まだまだ、布の模様と見間違うくらい、刺しているとは思えない精巧な刺繍です。
目を凝らしてお店でご覧ください。






このピンクッションはオーナメントとピンクッション以外に・・・・






リング(別売り)↓↓を着ければキーホルダーにもなります。
バッグの中で探すのに非常に便利なふわふわ感です。

今回はハンカチとブローチも入荷しております。
冬のオシャレにいかがでしょうか?







最後になりましたが、冬のインテリアにリトアニアの工芸品の壁飾りを20%OFFでご提供致します。
木のぬくもりがお部屋を暖かい雰囲気に包んでくれます。
並べて飾るのもおすすめです。こちらは3つ限定です。






冬のお支度にぜひお待ちしております。






2013.10.07 Monday  新入荷のおしらせと、美味しいお米は1日限り。


naraさん×備前焼 のコラボレーションワークショップ、お申し込み受付中です。
詳細は こちら→☆


来週の衣食住のHAPPY FRIDAYでご試食頂くノリランカ農園の今年の新米。
ご試食頂いて美味しい〜〜と感じてもらえたら、3kgの分の販売も予定しています。
販売は白米と玄米をご用意しています。

ノリランカさんのブログは こちら→☆

ノリランカさんは、お米に関しては卸などはされていらっしゃらないので、普通でしたら手に入らないお米になります。とっても甘くてピカピカのお米です。ぜひこの機会に^^

当日はノリランカさんのお漬物もご試食でご用意しております。
ノリランカ農園の自然農で作った美味しいお野菜のおつけもの。
こちらもどうぞ召し上がって下さいね。









そして、今回は新入荷のご案内です。

藤原加寿子さんより、お湯呑が届きました。
お湯呑ですが、そばちょこにもなりますよ〜〜。

カタチといい、質感といい、とっても私好みです。

秋の夜長、お気に入りのお茶をお気に入りの器で頂くことの楽しみ。







こちらは新入荷ではありませんが、安藤由紀さんのトレイ。
奥に見えるのがウォールナット、手前がセンという木材です。

お客様がいらして下さったとき、いざという時にお盆が〜〜と困られる方も多いかと思います。
お盆としては探すとなかなか見つからないことが多いと感じるのですが、この手彫感と木目の美しさ。
店内でも手に取って下さる方がとても多いトレイです。

新築のお祝いなどにも良いかと思います。






そしてこちら。


私もずっと家で使っているキャニスターです。

蓋が平らなのでスタッキングも出来て、透明なので中身の識別もしやすく、
主張しすぎないデザインで、お茶、コーヒー、ハーブ、小麦粉、お砂糖、お塩etc・・・
なんでも入ります。

久しぶりにいれるお茶、蓋を開けてみたら中身が少なくて足りなかった!なんてこともありません。






食料品以外にも、ビーズ、ボタンなどの手芸用品入れにしても。

画像のように大小の2サイズでご用意致しております。

お値段もお手頃なので、いくつあっても重宝しますよ〜〜。

ぜひ使ってみてください。


今週の金曜は衣食住のHAPPY FRIDAY!
ボトムスの受注会と土鍋ごはんの試食会です。
お気軽におしゃべりしに、お越しいただだけたら嬉しいです〜〜。

ミズエさんとワイワイお待ちしております^^




2013.09.24 Tuesday  再入荷したもの

先日の木全さんの家具相談会&引渡し会は無事に終わりました。
全てのオーダーの家具が土曜日中に注文主のみな様のご家庭へと旅立っていきました。
長い間のお待たせでしたので、皆さん、この日に照準を合わせて楽しみにして下さっていたことがひしひしと伝わってきて、とても嬉しく思いました。
お待たせしました^^

そして、Ryokuにも新しい木全さんのスツールが。
左の明るい色バージョンが初お目見えです。
右の焦げ茶がいつものバージョンです。
おうちの雰囲気に合わせて選んでもらえるかと思います。





そして、Ryokuで人気のはしご、再入荷しました。

はしごとしてではなく(笑)、ディスプレイとしてお使い下さい^^
お子さんの幼稚園、保育園の制服を掛ける定位置にも^^
何と言っても場所をとりませんので。








もちろん素材は鉄ですので、こうしてマグネットでポストカードなどもくっつけることができます。

マグネットは月日工藝さんのもの。
冷蔵庫に貼るマグネットがキャラクターばかりで困っていらっしゃった方、ぜひおすすめです。
ボタンくらいの大きさで月日工藝さんらしくシンプルでかっこ可愛いです。







そして余談ですが、Ryokuにようやく姿見が登場しました(什器です)。

Ryokuに何度か来て下さった方ならご存知かと思いますが、いつも鏡は私が手で持って見てもらうという丸い鏡しかありませんでした。
鏡を使う方に余計な気をつかわせてしまって、ずっと心苦しく思っておりました。

ようやく、これ!と思う姿見に出会い、お店に常在させることができて私自身がほっとしております。






というわけで、今まで使っていた鏡↓↓↓↓。
「この鏡は売り物ですか?」と訪ねられたことも複数回のこの鏡を、格安でお譲り致します。
気になる方がいらっしゃいましたらぜひお気軽にお声をかけて下さいね。







今週末の金土は西坂のモデルハウスを会場とした「針穴を覘く僕と目が合えば」という
企画展に参加致します。

そのため、26日(木)、27日(金)、28日(土)はRyokuの実店舗はお休み致します。
Ryokuからも近いモデルハウスですので、ぜひ足をお運びくださいませ。









 




2013.09.12 Thursday  Dove&Olive 小野さんの帆布バッグが入荷しました。

先月末に初入荷したDove&Oliveの小野さんのバッグの小さいトートバッグの方は完売致しました。
・・・が、あまりにも展示期間が短かったため、夏休みで来られない方にも見て頂きたく、私の私物のバッグの方を展示しております。
追加オーダーなどはもちろん可能ですので、ぜひ一度、店頭にて鏡で合わせてみてくださいね。


そして、本日は小野さんの帆布のバッグが入荷しました。←完売致しました。
ビューンと自転車に乗って納品に来て下さいました^^近いって素敵です☆☆




とっても綺麗な紺、です。青に近い発色の良い明るい帆布の紺になります。
写真には写りこまないのですが、均一の紺ではなく、場所によっては薄い所があったりして非常に表情豊かな色のバッグです^^
持ち手の肌色の革がアクセントになっていてこのツートンがとっても可愛いですよ〜〜〜。
お荷物の多い方、両手を空けたい小さいお子さんのいらっしゃる方、デニムなどにも合わせやすいパッと目を引くバッグです^^

可愛いという表現をしてしまってはいけませんが、女性でも男性でもお持ち頂けるバッグになります。







ショルダー部分をバッグの中に入れ込んでしまえばトートにもなります。

そして、ショルダー部分には長さ調節のベルト穴が沢山空いていますので、背の高い方でも低い方でもちょうどよく調節ができます。

さてさて、その小野さんの工房と小野さんのご紹介です。

前述しました通り、小野さんの工房とRyokuはほんとに自転車の距離です。
その工房は、初めて見た時に「ここはshop?」と思うくらいオシャレな空間でした。







小野一さんは倉敷市のご出身です。高校まで倉敷で過ごし、大学は東京の油絵科に進まれました。
この時点ではご自身が将来バッグの作り手になろうとは思ってもみなかったと思います。

絵を描いてその絵を入れて持ち運びする用のバッグを作ってみたのがバッグ作りの最初で、絵の展示会でそのバッグも展示していたら、意外なことにそのバッグが評価されたことからバッグ作りに目を向けるようになりました。
もちろん、この頃は布製のバッグにスプレーで転写したり、シルクスクリーンで描いたりしていたそうです。

絵も描きながら大学2年生でバッグ作りも始めました。

ふと卒業を見据えた時に、自分のしたいことは、同年代の人に何か届くような仕事。
絵は若い人が興味があって手を出そうにもなかなか金額的に難しい部分もあるけれど、バッグなら同年代の人にも身に着けてもらえて、興味を持ってもらえるのではないか・・・と考え、大学を卒業後、文化服装学院のバッグ科に入学し、バッグ作りの基礎を学び、革の扱いを始めるようになりました。






文化服装学院を卒業後、バッグ作りにかかわる会社に就職後、色々バイトをしながら学校の先輩たちと展示会をしている時に、吉祥寺のRoundaboutさんや益子のstarnetさんの目に留まり、作品を提供する場を広げていかれました。

そして工房を栃木の益子に転居し、starnetさんの工房でお仕事をしたりしていたところで、あの震災の被害にあわれ、ご実家のある倉敷へと帰って来て今に至ることとなります。







戻られてご実家を改装し、このような素敵な空間でバッグ作りに頑張っていらっしゃいます。





同じ倉敷に、いえいえ、同じ学区内にこんなに素敵な作り手さんがいてくれるなんて本当に嬉しいし、誇らしい気持ちです。
バッグ作りに真剣に取り組まれて、いつも穏やかな笑顔の小野さんです。
どんな方かな〜と想像しながらバッグを見て頂けたら嬉しく思います。

ぜひ実物をご覧下さいませ。






















2013.08.25 Sunday  Dove&Olive 小野一さんの革のバッグ、ペンケース入荷しました。

8月28日(水)は以前よりお伝えしておりました通り、臨時休業させて頂きます。
29日(木)からまた通常通りに営業致しますのでよろしくお願い致します^^


9月6日(金)、7日(土)に開催します木全俊吾さんのワークショップと家具の相談会。
ワークショップはまた定員に達していませんので、アルミをまげて、真鍮を叩くという作業、一緒に楽しみませんか?出来上がった器と楊枝はぜひご家庭で使って楽しんで下さい^^



さて、お休み明けには新しい作家さんの作品が登場します。


Ryokuから車で数分のところに工房を構えるDove&Oliveの小野一さん。
革でバッグや小物を作られています。

初めて会ったのは昨年の春。

芸文館広場で行われたmade in kurashikiというイベントでした。

展示されていたバッグ、コモノ類、全てが素晴らしく衝撃を受けました。
直感で、「好き!」と思いました。
同じ倉敷、しかも半径500m以内にこんなに素敵なバッグを作る人がいるなんて、と。
いつの日かRyokuでもお取扱いさせてもらえたら・・・・と思いながら、一つペンケースを購入し使ってみようと家に帰りました。

それからバタバタと月日が流れたある日、本屋さんでパパパっと選んだ雑誌を手に新幹線に乗った時、その雑誌(プラチナcomfie)に小野さんが載っていてびっくり。
これも何かの知らせかな、と思い、小野さんに連絡を取ってみようと決めました。

それから何度か工房にお邪魔させてもらったりして、お取扱いが始まることになりました。



通勤する自宅からRyokuまでの間にある小野さんの工房。一瞬ショップでは?と思うくらいのオシャレな工房です。
小野さんの工房と小野さん自身のことはまた後日詳しく。

今回入荷したのは3種類。

トートバッグ。←完売致しました。 但し、見本の展示品はありますのでぜひご覧下さい。





牛革で全て手縫いで作られています。

ポケットもしっかりついて携帯など取り出しやすい作りになっています。
秋にかけてのお洋服にもしっくり馴染みそうなお色です。






持った時の感じで大きさが伝わるかと思います。
たまらなく可愛い〜〜〜〜と、納品して下さった時に感激でした。







そしてもう一つのバッグがヌメ革のトートバッグ。こちらは国産の牛革です。
上記のバッグよりは大き目です。
ショルダー可能です。






書類、お弁当、水筒、もっと入ります。
この色も柔らかいお色で綺麗なんですよ〜〜〜。





ポーズが一緒だから違いが分かりにくいかと思いますが、大きさの違いだけでも少し感じてもらえたら。

最後にペンケース。

私も一年前に小野さんに出会った時にホレボレして購入に至ったペンケースです。







しっかり入ります^^こういう持ち物を持っているとテンションが上がりますよね。
仕事もしっかり頑張れるような。







Ryokuではお取扱いが初となる革のモノたち。
OPENより2年経って、これ!という小野さんのバッグたちに出会えてとても嬉しく思っています。
29日木曜日から店頭に並びます。
ぜひ小野さんの革のもの。
ご覧ください



小野さんの工房を訪れた時の様子はまた後日。




2013.08.23 Friday  リトルプレス「四国を旅したときのこと」入荷しました。

いつも色々なことでお世話になっている高原智子さんのリトルプレス「四国を旅したときのこと」が入荷しました。


以前もRyokuのリトルプレス「まわりみち」を作ってくれたchibicoことともこさん。

今年の春に試作を見せてもらった時に出来栄えの面白さにかんどーーーし、納品を心待ちにしていたリトルプレスです。

ともこさんが四国を旅した(高知と愛媛)ときのことがつづられています。




 
表紙だけでも恐ろしく可愛いのに、1ページ目を開いた時から、???!!!という遊び心が出てくるリトルプレス。

文章だけでなく、写真の視点も面白ければ、写真の切り取り方、イラストのユルさ(笑)、色使いの妙。
写真撮影、文章、構成、イラスト、印刷、製本、すべての工程をともこさん自身が行っています。


感想を言い出したら止まらないくらいのともこさんワールド前回の旅のエッセーです。






1つの旅が始まるまでの準備に、数週間のわくわく、ドキドキから始まり、ともこさんの感性で選ばれた旅先のお店やアクティビティ。

読んで眺めているだけで、四国への思いが膨らんできます。






これを読んで四国を旅したくなるもよし、四国旅行を考えていた方への旅のしおりになるもよし。

純粋にこのともこさんワールドのリトルプレスを手元に置いておきたいという衝動にかられるももよし。

とにかく一つ一つがいちいち可愛い世界。
毎日が忙しいからこそ、このリトルプレスを眺めて現実から妄想の旅へ飛び立てそうな気分になれる。

このワールドをぜひRyokuにお越し下さる皆様にも感じてもらいたくお取扱いをお願いしたリトルプレスです。ぜひぜひぜひご覧ください。





/ 1 / 11 / >>

Profile::メールもこちら↓から::

Category

Archives

Link

admin