Ryoku  倉敷市田ノ上で「暮らしを愉しむ雑貨Ryoku」を営んでいます。日々の暮らしを愉しむためのイロイロを集めています。

〒710-0831岡山県倉敷市田ノ上896-3 1F
086-431-2227(tel/fax)
ryoku@green.megaegg.ne.jp
wed/thu/fri/sat 11-16 open
sun/mon/tue close
P3台(お店の道路向かいにあります)

<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>


2013.12.03 Tuesday  スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- . -



2013.10.29 Tuesday  明日より始まります。「マイニチノイチマイ展」10月30日〜11月9日 (4.5日はお休み)

明日より始まります。

森本仁さんの「マイニチノイチマイ展」



森本さんは10月30日、31日、11月2日、3日、9日は在廊して下さいます。


備前焼のあれやこれや、色々聞きたいことがありましたら、ぜひこの機会に^^


森本さんの器に食事をのせた風景は こちらから→☆


そして。明日からの展示の一部をご紹介。






備前焼とともに森本さんの釉薬の器もありますので、そちらも合わせてご覧くださいね





見て頂けたらおわかりのように、男らしいイメージの備前焼がとても女性らしい雰囲気です。

そして実際お手に取ってもらえたらお分かりになりますが、非常に軽いです。
森本さんいわく、日々器を扱う女性のことを考えて作っています、と。

家事で忙しかったり、赤ちゃんの抱っこなどで、手首が腱鞘炎、という方も時々耳にしますよね。

マイニチ使うものだから、使いやすいようにと森本さんが作っています。
















Ryokuがほぼ備前焼で埋め尽くされているので、いつもと感じが違って、茶色の世界です〜〜〜。

紅葉と落ち葉の秋の森のような景色のRyokuに、明日より9日間、皆様のお越しを心よりお待ち申し上げております!




 








2013.10.26 Saturday  メールについて

10月25日にメールを下さったヤマダ様。
メールを返信致しました。
届いていませんでしたら、お手数ですがご一報くださいませ。
よろしくお願い致します。




2013.10.25 Friday  10月31日(木) naraさんのお花と備前焼のワークショップ 締め切りました

10月31日(木)のnaraさんのお花を備前焼の花器に活けましょう のワークショップは満席になりましたので、締め切り致します。

お申込み下さった皆様、ありがとうございます。
当日は森本さんもいらっしゃいますので、どうぞ楽しみにいらして下さいね。





2013.10.24 Thursday  メールについて

 10月24日にメールを下さったフジイ様、ヤマカワ様。
返信メールをお送りしました。届いていないようでしたら、ご連絡をお待ちしております。

10月31日のnaraさんのお花のワークショップにメール、ブログのコメント欄よりお申込み下さった方へは全てお返事申し上げております。
万が一届いておりませんでしたら、ご一報くださいませ。




2013.10.23 Wednesday  石けんが出来上がりました。明日の木曜日より販売致します。

夏以来の石けんが出来上がりました。

前回お買い求め頂けなかった皆様、お待たせしました。

今回も2種類です。

どうぞよろしくお願い致します^^








- . soap



2013.10.22 Tuesday  ゆうらぼさんの陶製フライパン&ミニグラタン皿・土鍋類・つじたようこさんの刺繍コモノ 入荷しました。


先週の土日に開催されました高梁川マルシェ。

土曜日はお天気がかろうじて持ちましたが、日曜日はあいにくの雨。

それでも沢山の方にご来場いただき、誠にありがとうございました。
関係者の皆様、お越し下さった皆様、心より御礼申し上げます。
次回の日程は未定のようですが、回を重ねるたびにパワーアップしていると感じています。
また次回をぜひお楽しみに^^


そして、マルシェが終わり、Ryokuもガラッと冬支度に入りました。

寒い冬に暖かい暮らしのための、身も心も温まるものがたくさん届きました。




今年の冬もやってきました。
ゆうらぼさんの陶製耐熱フライパン。
直火、オーブンOKの優れものです。(IHの方はごめんなさい・・・・)

先週まで行われていたスペースみきさんでのゆうらぼさんの陶展。
そこで今年の第1弾がお目見えしていました。
そしてRyokuでも満を持しての入荷です。






ゆうらぼさんと言えば、お料理の腕前もプロ並み。
お料理のアイディアも、私のような凡人には「へぇ〜〜〜〜」と唸ってしまうものばかり。

ということはお料理の得意な方が使う道具??
と思われる方もいらっしゃるでしょう。

それがそれがそうではないのです。

お料理の得意な方から、私のようにお料理は得意ではない人にも大満足な道具なのです。

じゃないと、私が自信を持っておススメできないことになります。


テフロン加工のように、くっつかない?
手入れが面倒?
などなど疑問があるかと思います。


それが、普通に使って大丈夫です。テフロン加工ほどではないかもしれませんが。
手入れも普通の食器と同じです!







普通のフライパンとは保温力、外はカラッと中がほっくり、サクサク、が違います。
余熱で火が通ります。

↑の写真はゆうらぼの千田さんにフレンチトーストを焼いてもらった時の画像です。
なんとも表面がカリカリでありながら、中はしっとり〜。


そして、目玉焼きとベーコン。
普通なら蓋をして蒸しあげますが、蓋は要りません。
淵はカリカリなのに、半熟の具合が絶妙です。
それ以外にも野菜にチーズをオーブンで、とか、なんと言ってもオーブン、グリルに入れられるのが便利極まりないです。

そうそう、千田さんから教えてもらったもう1品。
ストーブの上でこのフライパンでお餅が焼けるそうです!
焼き網で焼くより美味しいらしいです〜〜。
私のお店でのお昼ごはん、試す価値がありそうです^^

お察しの通りこのフライパンは、お皿替わりにもなるので、このまま食卓に出すことで食卓がさらに華やかになります。

今年はこのフライパンの他に耐熱ミニグラタン皿も入荷しました。

少し残ったカレーやシチューもこのグラタン皿でチーズを上に掛けてオーブンやトースターへ。
はい、1品出来上がりです。
このサイズのグラタン皿、私自身が非常に欲しかった器の1つです。







そして、先日happy frydayで実演した炊飯土鍋も再入荷しました。
食べて下さった方はご存知の通り、手間無く非常に美味しいごはんが毎日食べられます。
それに素晴らしく性能の良い電気炊飯ジャーを購入するより断然お値段が抑えられます。
玄米だって、かやくごはんだって、栗ごはん、牡蠣ごはん、お赤飯、なんでも炊けます。

ぷらす、空焚きできる土鍋も入荷しました(画像左の白いお鍋)。
油をひいてお肉を炒めて、という作業ができる稀な土鍋です。
なのでカレー、肉じゃがOKです。

真ん中の茶色の小さい鍋が雑炊鍋。
我が家では毎日のお味噌汁に。もちろん、これからの季節湯豆腐にも。

3重の塔みたいなのが、チーズフォンデュやチョコレートフォンデュ、バーニャカウダ用のセットです。
一番下にろうそくがあり、その上にお湯を入れて、一番上にソースを。
いつでも保温できてソースが固くならない優れものです。


(ちなみにIHの方には鉄鍋類を入荷待ちしております。小さい鉄のフライパンなどは只今完売しておりますが、近々入荷します。こちらも同じようにおすすめです)




キッチンの冬支度から、インテリアの冬支度。

つじたようこさんのピンクッションなど、入荷しました。
昨年も冬に登場し、クリスマスのオーナメントとしても大変人気でした。

今年も一針一針、恐ろしく細かい作業をしないと出来上がらないこれらの刺繍のモノたち。
まだまだ、布の模様と見間違うくらい、刺しているとは思えない精巧な刺繍です。
目を凝らしてお店でご覧ください。






このピンクッションはオーナメントとピンクッション以外に・・・・






リング(別売り)↓↓を着ければキーホルダーにもなります。
バッグの中で探すのに非常に便利なふわふわ感です。

今回はハンカチとブローチも入荷しております。
冬のオシャレにいかがでしょうか?







最後になりましたが、冬のインテリアにリトアニアの工芸品の壁飾りを20%OFFでご提供致します。
木のぬくもりがお部屋を暖かい雰囲気に包んでくれます。
並べて飾るのもおすすめです。こちらは3つ限定です。






冬のお支度にぜひお待ちしております。






2013.10.18 Friday  明日は高梁川マルシェに出店のため、実店舗はお休みします。

 いよいよ明日になりました。

恒例の高梁川マルシェ。

明日の土曜は出店のため、実店舗はお休みします。
アリオとアウトレットの倉敷みらい公園におりますので、
ぜひお待ちしております。

お天気が大変心配ですが、雨だけは逃れますように〜〜〜!

皆様のお越しを心よりお待ち申し上げております。








2013.10.11 Friday  Happy Friday 1日目  明日は受注会のみです***


本日、初の試みhappy Friday。
無事に1日目、終了しました。
明日は、土鍋の試食会は無く、王様パンツと蕾スカートの受注会になります。
もちろん、通常の営業もしておりますので、お気軽にお越しください。


本日は沢山の方にお越し頂き、楽しいhappy Fridayでした。

ごはんを食べたり、試着をしたり。

今回はノリランカさんもお越し下さり、美味しい白米の試食、販売そしてノリランカ農園自慢の自然農のお野菜のお漬物の試食まで^^
ノリランカさんとご一緒に試食もできて、質問なども沢山してもらえて、お忙しい中、お越し頂いて良かったなあと思うばかりでした。

白米、玄米の販売も皆さんご試食後に沢山お買い求め頂き、本当に嬉しく思います。
ノリランカさんの米作りの1年の頑張りを皆様に知って頂けたことも嬉しいばかりです。








蒸らしが終わり、蓋を開けた瞬間、「お米がたってる〜〜〜〜!」のお言葉を頂き、そして「モチモチ」
甘い!」のお言葉を頂きました。

お漬物も感動的な美味しさで、皆さんにご満足頂けて嬉しい限りです。





そして、同時開催の王様パンツ、蕾スカート受注会。
本当に沢山の方にお越し頂き、ありがとうございました。

何度でも何度でも遠慮なくご試着頂き、納得のお色を選んで頂きました。

たまたま同色3人娘さんが〜〜☆こんな光景も面白いです。





蕾スカートを青にしようか、ボルドーにしようかと悩まれた方。
見本は黄色と青でしたが、こんな風にお色を選べます。







明日はボトムス受注会のみになります。

ミズエさんとお待ちしておりますので、どうぞお気軽にお立ち寄りくださいませ^^



- . -



2013.10.07 Monday  新入荷のおしらせと、美味しいお米は1日限り。


naraさん×備前焼 のコラボレーションワークショップ、お申し込み受付中です。
詳細は こちら→☆


来週の衣食住のHAPPY FRIDAYでご試食頂くノリランカ農園の今年の新米。
ご試食頂いて美味しい〜〜と感じてもらえたら、3kgの分の販売も予定しています。
販売は白米と玄米をご用意しています。

ノリランカさんのブログは こちら→☆

ノリランカさんは、お米に関しては卸などはされていらっしゃらないので、普通でしたら手に入らないお米になります。とっても甘くてピカピカのお米です。ぜひこの機会に^^

当日はノリランカさんのお漬物もご試食でご用意しております。
ノリランカ農園の自然農で作った美味しいお野菜のおつけもの。
こちらもどうぞ召し上がって下さいね。









そして、今回は新入荷のご案内です。

藤原加寿子さんより、お湯呑が届きました。
お湯呑ですが、そばちょこにもなりますよ〜〜。

カタチといい、質感といい、とっても私好みです。

秋の夜長、お気に入りのお茶をお気に入りの器で頂くことの楽しみ。







こちらは新入荷ではありませんが、安藤由紀さんのトレイ。
奥に見えるのがウォールナット、手前がセンという木材です。

お客様がいらして下さったとき、いざという時にお盆が〜〜と困られる方も多いかと思います。
お盆としては探すとなかなか見つからないことが多いと感じるのですが、この手彫感と木目の美しさ。
店内でも手に取って下さる方がとても多いトレイです。

新築のお祝いなどにも良いかと思います。






そしてこちら。


私もずっと家で使っているキャニスターです。

蓋が平らなのでスタッキングも出来て、透明なので中身の識別もしやすく、
主張しすぎないデザインで、お茶、コーヒー、ハーブ、小麦粉、お砂糖、お塩etc・・・
なんでも入ります。

久しぶりにいれるお茶、蓋を開けてみたら中身が少なくて足りなかった!なんてこともありません。






食料品以外にも、ビーズ、ボタンなどの手芸用品入れにしても。

画像のように大小の2サイズでご用意致しております。

お値段もお手頃なので、いくつあっても重宝しますよ〜〜。

ぜひ使ってみてください。


今週の金曜は衣食住のHAPPY FRIDAY!
ボトムスの受注会と土鍋ごはんの試食会です。
お気軽におしゃべりしに、お越しいただだけたら嬉しいです〜〜。

ミズエさんとワイワイお待ちしております^^




2013.10.03 Thursday  マイニチノイチマイ展 森本仁 陶展 10月30日(水)〜11月9日(土)


Ryokuではこれまで色々企画展をしてきましたが、初の試み。

器の個展を開催したいと思います。

そして記念すべき最初の器の個展は、備前焼の森本仁さんにお願いすることになりました。


「マイニチのイチマイ展  森本仁 陶展」

会期 10月30日(水)〜11月9日(土) 会期中4日、5日のみお休み
場所 Ryoku 倉敷市田ノ上896-3 1F 086-431-2227










森本仁さんのブログは こちら→☆


岡山に住み始めて13年。
岡山と言えば、桃、ブドウ、備前焼。
桃とブドウ(マスカット、ピオーネ)は他県では超高級品でありながら、岡山に住んでいれば季節になれば当たり前のように食べられて、美味しくておいしくて。
備前焼は、といえば、どんと床の間に花器として鎮座していたり、和食屋さんでお刺身を頂くときの器、というイメージばかりで、自分自身が使ってみようと思いつくことがありませんでした。

桃、ブドウは県外のお友達に「こんな高級品を贅沢に食べられる岡山って素晴らしい!」とか
「岡山の桃とブドウは美味しいよ〜〜」と自慢していました。

だけど、全国に誇れるはずの備前焼を私たち世代が誇っていないのは残念、という思いもずっと持っていました。

それが今年のFOC倉敷で、目に飛び込んできた森本さんのブース。

一瞬にして、覘いてみたい!という衝動に駆られました。


今まで私が知っていた備前焼とは全然違う感覚の備前焼。

ブースにはご自身の器にお料理が載っている写真の数々。
えーーーー!
備前焼にトマトソースのパスタ??
バゲット?

もう衝撃でした。






逆を言えば、備前焼のパスタやバゲットって、アリなんだ!!という新しい発見。

それに私の知っている備前焼はもっと厚みがあって、重そうな雰囲気。

でも、森本さんの器は薄くて軽くてシャープでかっこいい。

家で使ってみたい!と思ってる自分にびっくりしながら1枚購入して帰りました。

早速使ってみたら、えー!ヨーグルト×グラノーラでも備前焼が可愛いよ〜〜〜!
それからは、副菜を入れてみたり、取り皿として使ってみたり。
なんとも使い勝手がいい!






お手入れもいつも一緒。
食洗機にも入れても全然大丈夫。(←これは、私の主観ですので個人差はあると思って下さい)

ほとんど毎日のように我が家の食卓に、というか、私のお気に入りの一枚として私の食事の器として使っています。












焼き物の盛んな町のカフェなどでは、その地の焼き物でお食事を出してくれている気がします。
今年の夏、沖縄に行った時もカフェというカフェで沖縄の「やちむん」を使ってコーヒーやらケーキが出てきました。

それは、その土地の人が若い人であってもその土地の焼き物を誇りに思っている証拠、という気がしました。

我々世代の岡山県民も、せっかくの備前焼をもっともっと誇りに思えたら、とても素晴らしいことだと思います。

もちろん、すでに誇りに思っていらっしゃる方もたくさんいらっしゃると思います。

私のように、今まで備前焼に対してとっつきにくい思いがあった方にも、備前焼の良さを後世に伝えるために、備前焼を愛する1歩として、森本さんの器をご覧頂ければ、と思ってこの森本仁さんの陶展「マイニチノイチマイ展」にお越し下さったらうれしく思います。

そして、その備前焼を気軽に使って頂けるように、という思いで会期中にワークショップも開催致します。
















森本さんの備前焼の花器を色々な種類ご用意致します。
そして、お花はもちろん、ご存知の方も多いかと思います。
私まわりではお花といえばnaraさんがセレクトして持って来て下さいます。

naraさんのブログは 
こちら→☆

敷からはちょっと離れる岡山市にあるため、頻繁に利用できないのが倉敷市民の悲しいところ。
もちろん、naraさんのお花でなきゃ!という倉敷市在住の方もよく耳にします。
私もお店をしていてお花を頂く機会があるのですが、素敵!と思って見てみるとnaraさんのアレンジだったりします。
そして時には、「こうくるのね〜〜〜!」という素人の私には思いつかないアレンジだったりしして、感動を覚えることもしょっちゅうです。

お花のセレクトから、アレンジの仕方まで人とは違う感性をお持ち(私が言うのもおこがましいですが・・・)のnaraさんセレクトのお花で、敷居の高いと思われがちな備前焼の花器に気軽にお花をさしてみませんか?
きっと、その日のうちにおうちで眠っていた備前焼の花器をもう一度押入れから出して飾ってみようという気になると思います。

もちろん、naraさんのアドバイス、頂けます^^

今回は、森本さんの花器を使って、naraさんのお花を自由に挿していきます。
花器とのバランスを考えながら。

使ったお花はお持ち帰り頂ける、というシステムです。


詳細は以下になります。


***ワークショップ 備前焼に日常のお花を。 naraさんと一緒に***

日程 10月31日(木) 10:30-12:30
場所 Ryoku (倉敷市田ノ上896−3 1F)086-431-2227
講師 
naraさん
参加費 1700円(講師代、お茶菓子代)+ 花材代(使った分だけ。おおよそ2000円〜3000円くらいだと思います)
持ち物 花ばさみ(なければキッチンばさみでも可)持ち帰り用の袋
定員 5-8名様(お車の台数によります)
お申込み Ryokuのブログのコメント欄かメールにて。もしくは営業時間内でしたらお電話でも可

お申し込みの際は

お名前(参加者全員)
代表者のご住所
代表者のお電話番号
代表者のメールアドレス
参加人数
車の台数(できましたらお乗り合わせでお願いします)

を洩れなくご記入下さい。

なお、
メールとコメント欄よりご連絡頂いた場合、メールにて必ずご返信差し上げております。

最近メールの不着などが相次いでおりますので(特にhotmail. g-mai, yahooメール)
お申込み頂いて3.4日しても私からの返信がない場合は、ご面倒ですがご一報くださいませ。



今日は超が付くほど長くなっていますが、お付き合いありがとうございます。

最後に森本さんのご紹介。

森本さんは備前焼作家のお父様がいらっしゃいますが、ご自身は釉薬を使う美濃焼で陶芸を学び、備前へ戻ってこられて、釉薬の器も、焼き締めの備前焼の器も両方をされていらっしゃいます。


Ryokuでは森本さんの釉薬の器はすでに扱っております。

一見、女性作家さんの作品?と思われる方もいらっしゃるかと思うくらい、繊細で可愛らしいカタチのものが特徴です。









今回の個展で森本さんの備前焼をRyokuのお客様に初披露、とさせて頂きたかっので、最初は釉薬の器だけにさせてもらっていました。


その森本さんは備前にお住まいです。

私も2度ほどお邪魔したことがあるのですが、いわゆる伊部の辺りからはちょっと外れたところにあります。

すごいところにありますので、歩きやすい服装でいらした方がいいですよ〜と最初おっしゃって下さった時は、えー、そんなに??と思っていました。

そして到着してみると、なんとも静かな場所。






ご自宅からはさらに奥に歩いていくと森本さんとお父様の登り窯があります。





岡山の小学生は小学生の時に社会見学で登り窯を見学に行きます。
しかし、私は生まれも育ちも岡山ではないため、人生初の登り窯見学でした。






迫力に圧倒されました。

これで火をいれたら、もっともっと迫力が増すのでしょう。






中も入らせてもらいました。

ぎっしりと並べられた状態を想像するだけでも面白いです。


ここで焼かれた森本さんの器が、今回Ryokuの店内を埋め尽くします。
ぜひ、楽しみにして頂けたら嬉しく思います。
そして、岡山の誇る備前焼の1枚。
お気に入りを見つけて下さい。







<< / 2 / 48 / >>

Profile::メールもこちら↓から::

Category

Archives

Link

admin